うみやま

キャンプ・釣り用品のレビューブログ

ヤマメの天日干しをやってみた!川魚の干物の作りかたを伝授

f:id:kawabatamasami:20170428152838j:plain

ヤマメは釣ってそのまま塩焼きにして食べても美味しい魚ですが、干物にすることでグッと味が凝縮されて、またひと味ちがった美味しさになります。

そこでこの記事では川魚の干物の作りかたと、手順をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

▽目次

釣ったヤマメを日干して干物にする

手順はこうです。

・魚をひらく

・水分をとる

・塩をふる(塩水につける)

・天日干しする

丸干しにしたい時にはヤマメをひらかずに、お腹だけとって天日干ししていきます。丸干しも美味しいので、開きと食べ比べるのもオススメです。

 

用意するもの、あると便利なもの

  1. よく切れる包丁
  2. まな板
  3. キッチンペーパー
  4. タオル
  5. 干しネット

1から6までを準備しておくと便利です。包丁は

f:id:kawabatamasami:20170428155438j:plain

出刃包丁が使いやすいですよ。

 

魚をひらいて水分をとって塩をふる(塩水につける)

背開き(背中から包丁を入れる)、腹開き(腹から包丁を入れる)どちらでも構いませんので、好きなようにヤマメを開きにします。

丸干しの時には開かずにそのままでOK。

f:id:kawabatamasami:20170428160445j:plain

お腹を開いたら、綺麗に洗いましょう

血合いが残っていると腐敗の原因になってしまうので、しっかり綺麗に洗い落とします。

あらかじめお皿の上にキッチンペーパーを準備しておくと、作業がスムーズに進みますよ

f:id:kawabatamasami:20170428160532j:plain

ヤマメを開いたら、準備しておいたキッチンペーパーの上にヤマメをのせていきます。

f:id:kawabatamasami:20170428160620j:plain

準備ができたら塩をふります。

f:id:kawabatamasami:20170428160710j:plain

今回はヤマメに直接塩をふりましたが、塩水につけたほうが塩味がヤマメに均等に入るのでオススメです。

個人的には4%くらいの塩分濃度の塩水に、1時間から1時間半ほどヤマメをつけ込むのが好きですねー

ちなみに塩分濃度4%は、水96gに対して塩が4gです。

直接ヤマメに塩をふる場合には、しっかり水分をとってから塩をふるようにしてください。

f:id:kawabatamasami:20170428160832j:plain

しっかり水分をとってから塩をもみこむ。

 

干しネットで天日干し、両面を干していく

f:id:kawabatamasami:20170428160918j:plain

干しネットにヤマメを入れて、天日干ししていきます。

干しネットは、ホームセンターや釣具屋さんで安くで売られているもので十分です。

f:id:kawabatamasami:20170428160946j:plain

ヤマメを重ねて並べると腐ってしまう場合があるので、距離をおいて並べていきます。

風がちゃんとヤマメ全体に当たるように、ネットは斜めに。

f:id:kawabatamasami:20170428161108j:plain

あとは風通しの良い場所で干していきます。

干す時間は人によりますが魚を乾かすことが目的なので、こまめに魚の表面を気にしてあげて、乾いたらヤマメをひっくり返して裏側もきちんと乾かすようにしてください。

f:id:kawabatamasami:20170428161436j:plain

f:id:kawabatamasami:20170428161441j:plain

今回はカリカリのヤマメを食べたかったので、しっかりめに乾かしてみました。

炭火でパリパリに焼くと、おつまみに最高ですよー笑

夏場は日差しが強くてヤマメの身が焼けてしまうので、長時間天日にさらすのはやめておいたほうがいいです。

陰干ししながら天日に少しさらす程度で、美味しくしあがります。

 

最後に

書いていてよだれが出てきました。w

川魚の干物は本当に美味しいので、試したことのない方はぜひ試してみてください。

干物を作ろうとしても雨でできない時には、室内で作ることのできる風干しがオススメです。

室内で魚の風干しをする手順は下記の記事でくわしくまとめていますので、良かったら合わせてお読みください。

スポンサーリンク