おとうさんは工夫した

メインはファミリーキャンプ

本気で買ってよかったキャンプ道具ランキングTOP10

f:id:kawabatamasami:20180807192120j:plain

キャンプギアのレビューブログを書いているので、わりとキャンプ道具をたくさん買っています。

そこで今回は、買って良かったキャンプ道具をランキングTOP10形式で紹介していきます!

▽目次

 

買って良かったキャンプ道具ランキング

第10位:「スノーピーク」アメニティドーム 

f:id:kawabatamasami:20180807185457j:plain

スノーピークのアメニティドームは、超がつくほどのオーソドックスなタイプのファミリーテントです。

前室あるし、わりとコンパクトに収納できるし、ストレスなく使えてますね

スノーピーク製品のわりにはお値段も良心的なので、これからキャンプを始めるご家庭にもオススメですよ

 

第9位:「アルパインデザイン」ツーリングテーブル

f:id:kawabatamasami:20180807180451j:plain

この手のタイプのアルミテーブルはいろんなブランドからリリースされているんですが、このアルパインデザインのツーリングテーブルは、高さを2段階に調整できるのがGood!

安いし焚火台をそのまま乗せて使ったりできます。笑

手入れも超ラクチンで、ガーッと水道と洗剤で洗って干すだけ。

大きさもソロキャンプにちょうど良いサイズです。

 

第8位:「スノーピーク」たねほおずき

f:id:kawabatamasami:20180807181449j:plain

我が家は小さな子供がいるので熱くなってしまうガス・オイルランタンは危ないので使わないようにしています。

そこでサブとして使っているのが、スノーピークのたねほおずき

このたねほおずきは見ての通り小さいです。しかも磁石仕様なので、タープポールなどにピタッとくっついてくれるのも便利

 

第7位:「スノーピーク」ほおずきランタン

f:id:kawabatamasami:20180807181832j:plain

さきほどのたねほおずきの大きなバージョンである「ほおずきランタン

光量も問題ないですし、持ち運びもコンパクトなので便利、使い勝手も個人的にはとても使いやすいのでメインランタンとして重宝しています。

ソロキャンプでのランタンは、ほおずき一つしか持っていかなくなりました。笑

 

第6位:「スノーピーク」焚火台

f:id:kawabatamasami:20180807185344j:plain

スノーピークの焚火台は一生物なんじゃないかと思わせてくれるほどに良くできていますよねー

頑丈だしガシガシ使ってもまったくヘコたれません。笑

ちょっと重いのと高値なのがデメリットではありますが、スノーピークの焚火台は長く使えるのでもとはとれますね

 

第5位:「コールマン」ツーリングドームST

f:id:kawabatamasami:20180807184624j:plain

見た目も機能も「平均的」な、コールマンのソロキャンプ用テントであるツーリングドームST

平均的なのに、こういうソロ用のテントってなんだよねーと思わせてくれるテントなんですよねー

たぶんこのツーリングドームを使って、僕と同じように感じているキャンパーさんたくさんいるんじゃないかなーと思います。

 

第4位:「笑`s」B-6君

f:id:kawabatamasami:20180807184027j:plain

焚火台はその人のキャンプスタイルでオススメが変わってくるんですが、僕は釣りもやるし、キャンプもやる、焚火も好き、という条件を満たしてくれるという理由でB-6君を愛用しています。

焚火台にも焼き台にもなってくれるので、B-6君ははずせないですねー

これまでに焚火台はレビュー用に買ったものを入れると、いろんなものを使ってきましたが、いまだに僕はB-6君から離れられません。笑

 

第3位:「Bush Craft」焚火フライパン

f:id:kawabatamasami:20180807183648j:plain

Bush Craftからリリースされている焚火フライパン

現地(野営地など)に落ちている木を取っ手に使うという、ユニークなスタイルのフライパンです。

これでステーキも焼けますし、調理全般いけます。僕は家庭用のIHでも使ってますねー

鉄フライパンなのではじめは焦げ付きなどが気になるかもしれませんが、使っていくたびになじむようになります。

 

第2位:「ロゴス」エッグホルダー

f:id:kawabatamasami:20180807184338j:plain

エッグホルッダーを使えば、割れやすい卵を衝撃から守ってくれるので、そのまま卵入れてクーラーに入れてキャンプに持っていける。

やっぱキャンプに卵を持っていけるようになると、ぐっとキャンプ感が増しますよねー

これ、分かる人にはめっちゃわかってもらえることだと思うんですよ。

別にロゴスのじゃなくてもいいとは思いますが、僕はロゴスの6個入りと2個入りのエッグホルダーを1つずつ持ってます!

 

第1位:「アマゾンベーシック」充電池(単三・四)セット

f:id:kawabatamasami:20180807183102j:plain

アマゾンベーシックの充電池と充電器がセットになっている商品。

キャンプ道具じゃなくね?というツッコミが聞こえてきそうですが、これを買ってからは地味にお金を節約できてますねー

というのも、キャンプって乾電池めっちゃ使いません?

この充電器1台で単三・四どちらも充電できてしまうのも嬉しいです。

充電池のほうはというと、500回ほどくりかえし充電できる仕様なのでめちゃ重宝してます

 

まとめ

人によってキャンプ道具の好みはかわりますが、ずーっと変わりなく使い続けている個人的なオススメを紹介しました。

かなり厳選したものだけを紹介していますので、良かったら参考にしてもらえたら幸いです