おとうさんは工夫した

メインはファミリーキャンプ

スノーピークのグリルネットSはバーベキューで使いやすい?使用感を徹底レビュー

f:id:kawabatamasami:20181114212732j:plain

スノーピーク焚火台sには「グリルネットs」という専用の焼き網があります。

コンプリートセットのうちのひとつですね。

この記事ではグリルネットsの

・使いやすさ

・良いところ、悪いところ

・手入れ方法

この3つについて、分かりやすくレビューしていきます。

▽目次

 

スノーピーク焚火台Sのグリルネット

取り付け・固定方法

f:id:kawabatamasami:20181114212827j:plain

グリルネットSの取り付け方法は、焚火台sにおくだけでセット完了です。

写真を見てもらったら分かりますが、高さを3段階に調整できるようにブリッジがついているので、引っ掛けて完了。

めっちゃ簡単ですねー

焚火台に直接焼き網をおいてバーベキューすることもできるんですが、燃焼が悪くなります。

f:id:kawabatamasami:20180912145611j:plain

そこでコンプリートセットのロストルとグリルネットを使うことで、燃焼力が上がり快適なバーベキューができるようになるんですね。

この記事で焚火台Sの専用ロストルについて詳しくまとめていますので、良かったら参考にしてください。

 

網目が大きくて小さい肉は落ちやすいww

f:id:kawabatamasami:20181114212755j:plain

とても便利なグリルネットですが、見てのとおり網目が大きいです。

なので小さなカット肉でバーベキューをすると、お肉が網目から落ちてしまうんですよねー

これはちょっと痛い。笑

写真でもウインナーがギリギリのっかっているのが分かりますよね?

f:id:kawabatamasami:20181114212814j:plain

↑ただこのように、コッヘルを置くのには最適です。ステーキ肉やブロック肉、海鮮系も問題なく快適にバーベキューすることができます。

小さなカット肉でバーベキューをする場合には、小さな網目の焼き網をグリルネットの上に置くなどの工夫が必要ですね

 

耐久性

クロームメッキを素材としているので頑丈です。焼き網なのに1kgもありますからね。笑

作りもしっかりしていて、丈夫なのでかなり長持ちしてくれるのは間違い無いでしょう。

 

手入れ・洗い方

f:id:kawabatamasami:20181114210617j:plain

さすがはスノーピーク製品というだけあって、たわしでガシガシ洗っても問題ないです。

ガーッと洗って干すだけ。

しかし、網目の隙間などにどうしても肉の脂汚れなどがのこってしまうんですよねー

f:id:kawabatamasami:20181114210839j:plain

f:id:kawabatamasami:20181114210842j:plain

しっかり洗ってもなかなか取れてくれません。なのでワイヤーブラシなどを使って、定期的なメンテナンスをするのがオススメです。

ワイヤーブラシはこういった脂汚れをしっかり落としてくれるブラシです。ひとつ持っておくとキャンプ用品の掃除に重宝します。

 

グリルネットSの良いところ・悪いところ

良いところ

・丈夫な作りで長持ちする

・カッコいい

・高さ調節ができる

・ワクワク感がある

作りが丈夫、カッコいい、高さ調節ができて便利などありますが、一番は焚き火台コンプリートセットを揃えることでバーベキューをしていてワクワクします。

道具にワクワクするって超重要だと個人的には思っているので、これが一番いいところかなーと感じていますね

 

悪いところ

・網目が大きい

・重い

網目が大きくて小さな肉が落ちてしまうのはやっぱりデメリットかなーと。笑

重いというデメリットもありますが、逆に言えば重量があって安定するというメリットもあります。

重量はありますがコンプリートセット収納ケースに入れることで、

f:id:kawabatamasami:20180919191932j:plain

このように持ち運びはラクチンになるので、まぁ良いかなーといった感じですね。

コンプリート収納ケースについては、この記事でまとめていますので良かったらどうぞ!

 

まとめ

網目が大きいなどのちょっとした難点はありますが、丈夫だし使いやすいので買って良かったかと聞かれるとYesです。

コンプリートセットを揃えると、焚き火もバーベキューもサクッとこなすことができるようになるのでやっぱり便利ですね

参考にしてもらえたら幸いです!