おとうさんは工夫した

メインはファミリーキャンプ

ヤマメの天ぷらは最高に美味いのでレシピを紹介!

f:id:kawabatamasami:20190611080256j:plain

ヤマメの天ぷらはめちゃくちゃウマイです。そして作り方もとっても簡単。

この記事ではヤマメの天ぷらの作り方について画像付きで詳しくまとめていきます。

作り方の手順はこうです

・ヤマメの腹わたを出す

・天ぷら粉につける

・170〜180度の油で揚げる

簡単ですねー

ではさっそく手順を解説していきます!

 

▽目次

 

山女の天ぷらの作り方

下ごしらえ・準備

f:id:kawabatamasami:20190611080347j:plain

ヤマメの腹わたを出したら水洗いして揚げていきますが、僕は揚げる前に写真のようにボールの中に塩分濃度3〜4%の塩水に1時間ほどヤマメをつけこみます。

こうすることで揚げたあとのヤマメが、全体的に均等な味わいになって美味しいんです。

ちょっと面倒くさいなーという方は、この塩水につけこむ作業はすっ飛ばしても問題ないです。

f:id:kawabatamasami:20190611080352j:plain

塩水につけこんで1時間ほどたったら、さっと水洗いします。

f:id:kawabatamasami:20190611080355j:plain

水洗いしたら、ヤマメを丁寧にふきます。水分が残っていると、油で揚げる時にパチパチと油がはねて危ないです。

なのでしっかりと水気をとりのぞいてください。

f:id:kawabatamasami:20190611080357j:plain

ヤマメの表面だけじゃなくて、お腹の水分も忘れずに拭き取ります。

f:id:kawabatamasami:20190611080411j:plain

ヤマメの下処理が終わったら、天ぷら粉を準備。

この日清の「コツのいらない天ぷら粉」を選んでおけば間違いないです。

カリッと揚がるし衣も美味しい。なによりとても手軽で準備も簡単なのでオススメ

f:id:kawabatamasami:20190611080414j:plain

天ぷら粉を水とまぜていきます。天ぷら粉のパッケージに分量は書かれているので、それにしたがって準備してください。

f:id:kawabatamasami:20190611080418j:plain

準備ができたら、さきほど下処理したヤマメに天ぷら粉をからめていきます。お腹にもしっかりからめるようにしてください。

 

170〜180度の油で5分ほど揚げる

あとは170〜180度に熱した油でヤマメを揚げるだけです。

f:id:kawabatamasami:20190611080447j:plain

揚げる時間をいろいろ試してみましたが、頭・骨まで美味しく食べるなら5分ほどしっかり揚げるのが良いでしょう。

僕はいつも時計をみながら、だいたい5分から6分くらい揚げるようにしています。

で、揚げ終わったヤマメをすぐにキッチンペーパーの上などに置くのだけはやめましょう!

せっかくカリッと揚がったヤマメがベチョベチョになってしまって美味しく無くなります。

f:id:kawabatamasami:20190611080450j:plain

僕は上の写真のような網の下に新聞紙をしいて、この網の上に揚がったヤマメをのせていきます。

f:id:kawabatamasami:20190611080615j:plain

こうすることでベチョベチョになりませんし、余熱がヤマメに入っていくので均等に火が入って美味しくなります。

↑このような揚げ物用のバットでも良いんですが、網だと干物を作ったりする時にも役立つので、僕は網を愛用してます!

 

盛り付けて完成

f:id:kawabatamasami:20190611080626j:plain

できあがったら、あとは盛り付けて完成です。

色合いをよくするために野菜も一緒に天ぷらにして、お皿にそえてあげると見た目もよくなります。

今回はブロッコリーを一緒に揚げました。あまり知られていませんが、ブロッコリーの天ぷらは非常に美味しいのでオススメ。食べたことない方はぜひ!

ほかにも

・ピーマン

・ナス

・大葉

・にんじん

などを天ぷらにしてお皿に盛り付けるとGOOD◎

f:id:kawabatamasami:20190611080632j:plain

いやぁ〜美味そうですね。先ほど紹介した、日清の「コツのいらない天ぷら粉」はカラッと揚がるので本当に良い仕事してくれます。

ヤマメの天ぷらは骨までガリガリと食べれるし、味もすごく良いので子供達も大好きなメニューです。

f:id:kawabatamasami:20190611080648j:plain

頭はちょっとだけ上から塩を振りかけて食べると、これまた絶品ですよー

ヤマメのサイズが大きい場合は、天ぷらよりも塩焼きや干物の方が個人的には好きです。

干物は天日干し・風干しとありますが、ヤマメで作るとどちらも美味しいのでオススメ。作り方もまとめていますので、良かったらどうぞ!

あくまで個人的な意見ですが、サイズ的には20センチくらいまでのヤマメが天ぷらに向いていると感じてます。

 

まとめ

ヤマメは天ぷらにしても本当に美味しいです。

この記事の手順どおりに作ってもらえれば美味しいヤマメの天ぷらが簡単に作れますので、ヤマメがたくさん釣れた時にはぜひ試してみてください。