野外LDK

キャンプ・釣り用品のレビューブログ

SHIMANO(シマノ)XEFO・タフ スリングショルダーバッグレビュー|渓流釣りで体にしっかりフィットする作り

f:id:kawabatamasami:20190621214107j:plain

渓流釣りをするのに、しっかりと体にフィットして邪魔にならない(身につけていて動きやすい)バッグを探していました。

体と一体化するような着け心地のバッグってなかなか見つけることができないのですが、このSHIMANO(シマノ)のXEFO・タフ スリングショルダーバッグはしっかり体にフィットしてくれる防水ショルダーバッグです。

さらにカラビナフックアタッチが豊富についているので収納性も良く、別パーツを組み合わせることもできるショルダーバッグとなっています。

この記事ではSHIMANO(シマノ)のXEFO・タフ スリングショルダーバッグを徹底的にレビューしていきます。

 

▽目次

 

シマノXEFO・タフ スリングショルダーバッグの概要

XEFO・タフ スリングショルダーバッグは2サイズ展開で、SサイズとMサイズがあります。

僕が購入したのはMサイズで価格は5千円くらいでした。Mサイズの定価は6,400円ですが、アマゾンや楽天、ヤフーでは5千円前後で販売されています

Mサイズを着用した時のサイズ感はこんな感じ

f:id:kawabatamasami:20190621214919j:plain

Sサイズはこれよりも、一回り小さくなると思ってもらって大丈夫です。

ベルト部分のサイズ調整も非常に簡単。スライドベルト式になっているので、ベルトをスライドさせるだけで体にフィットしてくれる作りになっています。

f:id:kawabatamasami:20190621215658j:plain

ベルトを持って

f:id:kawabatamasami:20190621215701j:plain

引っ張るだけです。これでサイズ調整が可能なので、釣りをしながらでもさっとベルトを締めることができます。

 

シマノXEFO・タフ スリングショルダーバッグのフロントデザインと収納性

まず収納ジッパーは、左右どちらからでも開くことができる両開きの仕組みです。

f:id:kawabatamasami:20190621220612j:plain

↑右からも

f:id:kawabatamasami:20190621220615j:plain

↑左からもオープン・クローズできます。

さらにジッパー部分は、全てカラビナをつけることができるフック仕様なんです。またこのフックがあるおかげで、ジップの開け閉めが非常に楽ちん。

f:id:kawabatamasami:20190621220710j:plain

その他にもカラビナを取り付けられるフックが、サイド部分ショルダー部分にも設置されています。

f:id:kawabatamasami:20190621220958j:plain

↑サイドのカラビナフック

f:id:kawabatamasami:20190621221007j:plain

↑ショルダー部分のカラビナフック。

f:id:kawabatamasami:20190621221323j:plain

さらにこの↑の縫い目の部分は穴が開いています。

f:id:kawabatamasami:20190621221426j:plain

ここにもカラビナを設置できるんです。

f:id:kawabatamasami:20190621221455j:plain

f:id:kawabatamasami:20190621221500j:plain

↑サイドも同じように穴があいています。

f:id:kawabatamasami:20190621221831j:plain

さらにバッグ本体の底面にもあります。

このように、とても細かい構造になっているので、小物をぶら下げたりカラビナをつけたりと工夫することができるので、非常に便利です。

自分はこんな風に、

f:id:kawabatamasami:20190621221607j:plain

ナイフホルダーをつけたり

f:id:kawabatamasami:20190621221557j:plain

カラビナをつけて、ランディングネット(タモ)を携帯するのに役立ててますね。

このアタッチは別売りのパーツを組み合わせることもできます。

f:id:kawabatamasami:20190621222431p:plain

f:id:kawabatamasami:20190621222433p:plain

(画像引用元:シマノHP

ロッドホルダーやドリンクホルダーなど、その他にもいろいろなホルダーを装着することができる作りです。

 

ショルダー以外に、手持ちで持つことも可。

f:id:kawabatamasami:20190621221739j:plain

あと個人的には、ブランドロゴが迷彩柄になじんでいるのも嬉しいところです。

ほら、ブランドロゴがバーンと顔を出して目立っているものってあんまり好きじゃない人っているじゃないですか?

このSHIMANO(シマノ)XEFO・タフ スリングショルダーバッグはロゴがこんな感じで

f:id:kawabatamasami:20190621222104j:plain

迷彩柄になじむようなデザインになっていて、ブランドロゴが全面に出るようなこともなく、さりげないデザインになっています。

f:id:kawabatamasami:20190621222149j:plain

遠目から見ても良い感じです

 

シマノXEFO・タフ スリングショルダーバッグのメイン収納部

収納部は2箇所。

メインの収納部にはルアーケースなどを入れられる小物入れと、メインの大きな収納部分がついています。

f:id:kawabatamasami:20190621222705j:plain

メインの収納部分には、1リットルの水筒がすっぽり入るほどの収納力があります。

マチがついているので、荷物をたくさん入れる時には広がって、荷物が少ない時にはコンパクトになる仕組み。

f:id:kawabatamasami:20190621222708j:plain

ルアーケースなど小物を収納できるスペースはメッシュになっています。裏地は全て防水加工仕上げ。

続いてもう一つの収納部分です。

f:id:kawabatamasami:20190621222940j:plain

一番広い部分は500mlのペットボトルも余裕で入る広さです。写真の見た目では狭そうに感じるかもしれませんが、わりと収納ボリュームは広めの作り

f:id:kawabatamasami:20190621222921j:plain

その他にも3箇所の小ポケットがついています。

f:id:kawabatamasami:20190621222912j:plain

見た目はそれほど大きなショルダーバッグには見えないかもしれませんが、収納部分は全体的に広く作られているので荷物もわりと入ります。

f:id:kawabatamasami:20190621225528j:plain

↑これくらいの装備品だったら余裕ですっぽり入りますよ。

僕はこの装備のほかに、

・500mlのペットボトル

・おにぎり

・カップラーメン

・ガスバーナー

・コンパクトなコッヘル(調理器具)

などを収納したりしています。

f:id:kawabatamasami:20190621214919j:plain

↑このサイズ感でそれなりの収納力と、コンパクト性、フィット感が得られる作りなのは、さすがはシマノだなーといったところですね。

 

シマノXEFO・タフ スリングショルダーバッグのレビューまとめ

このSHIMANO(シマノ)のXEFO・タフ スリングショルダーバッグは、ある程度の収納力と機動性をかねたバッグを探している方にとって良い感じのショルダーバッグだと感じてます。

釣りだけでなく、アウトドア全般的に使える作りになっているのもシマノならでは。

このサイズと収納力、フィット感を兼ねそろえて価格も5千円前後ですから、コストパフォーマンス的にもなかなか良いんじゃないかなーと思います。

ぜひ参考にされてみてください。