外に遊びにいってきます

アウトドアブログだぜ

シマノの防水グローブ XEFO・GL-299Qレビュー|釣り用防寒グローブ

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20191211181807j:plain

シマノからリリースされてる、XEFO 防水グローブ GL-299Qを購入して使ってみました。

防水をうたうアウトドア用グローブはたくさんありますが、なかなか満足のいく防水グローブには出会ったことがないんですよね

結論からいうと、このシマノのXEFO 防水グローブ GL-299Qも、完全な防水ではなくコマセ釣りなど水によく手をつける釣りではびしょ濡れになります。笑

使いかたとしては、オフショア(船釣り)・ジギング用としてひじょうに使い勝手の良いグローブです。

この記事では、シマノのXEFO 防水グローブ GL-299Qをくわしくレビューしていきます。

スポンサーリンク

 

 

▽目次

 

シマノ XEFO 防水グローブ GL-299Qの外観

f:id:kawabatamasami:20191211181759j:plain

シマノのXEFO 防水グローブ GL-299Qの見た目はオールブラック。小指に「SHIMANO」のロゴと、手の甲に「X」の文字がはいります。

ぶっちゃげ第一印象は、ちょっとダサいかな?というのが個人的な感想です。笑

ブラックで統一してシンプルにしてもらいたかった。

全体的にボリュームのあるグローブで、モコっとしています。

f:id:kawabatamasami:20191211181828j:plain

手の履き口はマジックテープでとめる作りです。

f:id:kawabatamasami:20191211181831j:plain

ベルト部分は合皮なので高級感ありますねー

f:id:kawabatamasami:20191211181840j:plain

手の甲の生地はポリエステルなので、マットな質感ですね。

f:id:kawabatamasami:20191211181850j:plain

グローブを装着するとこんな感じです。

かなりボリュームあるのが伝わりますでしょうか?

f:id:kawabatamasami:20191211181855j:plain

手のひらは合皮。ボコボコになっているので滑り止め効果があるのかもしれませんが、触った感じではツルッとしています。

しかしやはり皮の質感はすばらしくて、ロッドを持つとしっかりグリップしてくれます。

オフショア(船釣りでのジギングなど大物釣り)では、シマノのXEFO 防水グローブ GL-299Qのグリップ力はかなりいい感じで使えそうです。

f:id:kawabatamasami:20191211181900j:plain

f:id:kawabatamasami:20191211181904j:plain

指先には補強された生地が縫い付けられています。

f:id:kawabatamasami:20191211181909j:plain

人差し指の部分はラインに指をかけても大丈夫なように、より頑丈に作られています。

作り自体はさすがシマノ!と言える品質ですね

f:id:kawabatamasami:20191211221456j:plain

はじめはデザインもあまりカッコよくないと思っていたのですが、装着してみるとなかなか馴染んでいい感じです。

ロゴも気にならないです。

 

シマノ XEFO 防水グローブ GL-299Qの防寒性

f:id:kawabatamasami:20191211205227j:plain

シマノのXEFO 防水グローブ GL-299Qを12月の船釣りで使ってみましたが、暖かいです。

僕はふだんの釣りでは防寒目的でグローブを使わないのですが、使ってみてかなり暖かかったのでびっくりしました

グローブの中も、生地がモコモコになっている感じもなくフィットしてくれます。

使ってみたところ、風を通して冷たくなったり水の温度が伝わりやすくて冷たかったりということはなく使用できました。 

 

シマノ XEFO 防水グローブ GL-299Qの防水性能

f:id:kawabatamasami:20191211205243j:plain

シマノのXEFO 防水グローブ GL-299Qは、普通にルアー釣りをしたり、グローブごと水に手を入れる頻度も少ない釣りだと防水性能は機能してくれます。

しかし、コマセ釣りやサビキなどオキアミを多用する釣りでは、釣りをしていくうちにどんどん中まで水が入ってきます

f:id:kawabatamasami:20191211205255j:plain

サビキ釣りで使ったときには、最終的にはびしょびしょになりました。笑

手の履き口は防水仕様になっていないので、濡れないように気をつかっていたのですが、やっぱり長時間水にふれる釣りでは完全に防水してくれるほどの性能はなさそうです。

f:id:kawabatamasami:20191211205257j:plain

オキアミのアレルギーで手が荒れてしまう人は、手荒れを防止するために防水のグローブを使うことがありますが、シマノのXEFO 防水グローブ GL-299Qはオキアミによる手荒れ防止にはあまり効果はないですね

 

シマノ XEFO 防水グローブ GL-299Qの使用感

f:id:kawabatamasami:20191211205318j:plain

シマノのXEFO 防水グローブ GL-299Qは、さきほど紹介したように人差し指に補強パーツがついているので、人差し指だけグローブが1cmほど余ります。

なのでちょっと細かい作業がしづらい(というかできない)感じはありますが、釣りでの使い勝手はひじょうに良いです。

ロッドはしっかりしたグリップ力で握ることができますし、吊り上げた魚もガシッと握れます。

僕が使ってみたところ、針が手に刺さることもありませんし、釣った魚のヒレなんかもしっかりグローブが守ってくれます。

もうね、ケガを気にせず魚をガシガシ掴めるくらい頑丈なグローブです

シマノのXEFO 防水グローブ GL-299Qは、見た目のとおりオフショアジギング釣りにむいているグローブということになりますね

 

シマノ XEFO 防水グローブ GL-299Qレビューまとめ

シマノのXEFO 防水グローブ GL-299Qは、オフショアじゃなくてもルアー釣りやエギング、アジングなどのエサ釣り以外の釣りでも使えそうです。

防水スペックの表記ではありますが完全なる防水ではないので、オキアミ釣りなど水にずーっと濡れたままになるような釣りだと、シマノのXEFO 防水グローブ GL-299Qはびしょ濡れになります。

完全な防水性能を求めなければ、タフな作りになっていますし、総合的に使いやすいグローブであることに間違いはありません。