外に遊びにいってきます

アウトドアブログだぜ

ヤマメの塩焼き|家のグリルで美味しく焼くコツを紹介

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20200123082739j:plain

ヤマメを釣ったら塩焼きで食べるのが、一番オーソドックスな食べ方です。

ヤマメの塩焼きは腹ワタをとって塩をつけるだけなので、とても簡単に料理できます。

この記事では、ヤマメの塩焼きを美味しく作る手順についてまとめます。

 

ヤマメを下処理する

まずはヤマメを下処理していきます。

ヤマメの

  • 腹ワタ
  • 血合い
  • ぬめり
  • うろこ

を取りましょう。

f:id:kawabatamasami:20200120080849j:plain

ヤマメが釣れたときにすぐ処理しておくのがオススメですよ。

ヤマメのぬめりの取り方|酢や塩は使わずに処理しよう - 外に遊びにいってきます

ヤマメの下処理が終わったら、塩味をつけます。

そのままヤマメに塩をふりかけてもOKですし、塩水につけこんでも美味しく仕上がります。

f:id:kawabatamasami:20200123082822j:plain

↑こちらはヤマメを塩水につけているところです。

ヤマメを塩水につけこむ場合には、塩分濃度5〜7%くらいの塩水に30〜40分ほどつけこむのが個人的には美味しいです。(塩水100gあたり塩が5〜7g)

塩水にヤマメをつけこんだら、しっかりと水気をとるようにします

f:id:kawabatamasami:20200124074801j:plain

ヤマメに塩をふる場合には、全体的に塩をつけて、尾びれと背びれにたくさん塩をつけるようにします。(ヒレは焦げやすいので塩でカバーして焦げないようにする)

ヤマメに塩をつけたら、グリルで焼いていきます。

ヤマメのグリルの焼き方|焼き時間

f:id:kawabatamasami:20200123082800j:plain

IHグリルの場合はボタンで調節するだけなので、設定通りに焼くだけで美味しく仕上がります。

IHグリルではない場合には、中火で一気に焼き上げてください。目安としては8〜10分くらいになります。

ヤマメから水分が落ちなくなったら焼き上がり。

IHグリルの場合もそうでないばあいも、ヤマメの頭を奥にして手前をヒレにするようにしてください。

そうすることでヒレが焦げにくくなり、頭までしっかり火が入るので美味しく焼きあがりますよ

ヤマメを美味しく焼くには

f:id:kawabatamasami:20200124080814j:plain

  1. ヤマメを冷蔵庫から出して冷たいまま焼かない
  2. 塩をふったら30分ほどそのままヤマメをおく

ヤマメを美味しく焼くには、この2つのポイントが大切です。

ヤマメを冷蔵庫から出して冷たいまま焼いてしまうと、ヤマメに均等に火が入りません。

できるだけヤマメを常温近くまでもどしてあげると、焼きあがりがふっくらと仕上がります。

f:id:kawabatamasami:20200124080805j:plain

もうひとつのポイントは、ヤマメに塩をふったらそのまま30分〜1時間ほど放置します。

ヤマメに塩をふると余分な水分が出てくるのと、しっかり塩味をしみこませる意味で放置する時間は必要です。

この2つのポイントをおさえておけば、家庭用のグリルでも美味しく焼きあがりますので、ぜひためしてみてください。

ヤマメは干物や串焼きもおすすめ

ヤマメの塩焼きも美味しいですが、同じ塩味の焼きで楽しめる

  • ヤマメの干物
  • ヤマメの一夜干し
  • ヤマメの串焼き(炭火焼)

もオススメです。

f:id:kawabatamasami:20200119205902j:plain

ヤマメの干物は作るのにちょっと手間がかかりますが、旨味が凝縮されてめちゃくちゃ美味しいですよ!

【激ウマ】ヤマメの一夜干しの作り方を分かりやすく解説 - 外に遊びにいってきます

f:id:kawabatamasami:20200120081112j:plain

ヤマメの串焼きはグリル焼きとは違って、炭火でじっくりと焼き上げるのが特徴です。

焼き上がったヤマメを串に刺したままカブりつくと、至福のひとときですよ

ヤマメの炭火焼きの作り方|遠火でじっくり焼き上げると絶品! - 外に遊びにいってきます

あとこれは個人的にやっている裏技なのですが、ヤマメの下処理がすんだらそのまま冷蔵庫に入れて1日ほど乾かしてあげると、めちゃくちゃ美味しい塩焼きが作れます。

f:id:kawabatamasami:20200124082020j:plain

↑写真のように網などの上に下処理したヤマメを、ラップをせずにそのまま冷蔵庫のなかに入れます。

1日ほどでヤマメが少しだけ乾燥して、ちょっとした干物のようになるわけですね。

ヤマメがたくさん釣れたときには、ためしてみてください。

ヤマメの塩焼きまとめ

ヤマメが釣れたら絶品の塩焼きを食べてみましょう。

美味しく焼き上がったヤマメの塩焼きは、やみつきになるほど美味しいですよ!