海鮮キング!!

アウトドア

寒ブリのカマをピチットシートで1日寝かせて焼いてみたら激ウマ!

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20210209213427j:plain

釣ったブリを、半身いただきました。(寒ぶり・1月)

脂ノリノリだったのですが1日たっていて血合いも落としていなかったので、ちょっとだけブリ特有の匂いがでてました。新鮮なんですけどね。

ということで、身は煮付けに。カマを塩焼きにすることに。

臭みをとるためにブリカマにちょっとだけを降って、脱水もかねてピチットシートで包んで1日寝かせていきます。

結果的に、バチくそ旨かったです!

スポンサーリンク

 

ブリカマをピチットシートで包んで1日寝かせる

ピチッとシートとは魚の臭みだけを取りつつ、水分もしっかり抜いてくれる魔法のクッキング脱水シートです。

旨味は抜かずに、臭みと余計な水分だけを抜いてくれる優れものなんです。

www.kawabatamasami.com

ピチットシートにもいろいろ種類がありますが、今回使っているのはノーマルのレギュラータイプです。

まずブリカマに、粗塩をちょっとだけふります。

臭みのある魚に塩をふることで、臭み成分が魚の身から出てくれます。あまり塩をつけすぎると、魚の旨味成分まで抜けてしまうので、ほどほどに。

そしてブリカマをピチットシートに包みます。

f:id:kawabatamasami:20210209213431j:plain

ピチットシートとブリカマに隙間ができないように、しっかり密着させるように包みます。

で、このまま冷蔵庫で1日寝かせました。

1日寝かせたブリカマを焼く

小さな魚だったら冷蔵庫から出してすぐに焼いてもいいのですが、ブリの身は太いです。

焼くとき、身に均等に熱が入るようにするために、冷蔵庫から出して1時間ほど放置してブリを常温にもどしました。

1時間後、あらかじめ温めておいたグリルに入れて焼いていくっ!

f:id:kawabatamasami:20210209213436j:plain

できあがりました。

ピチットシートで余計な水分を抜いているので、焼き上がりが干物のような感じになっていますねー、旨そう!

しっかり全体的に火が入っています。

別アングルからもどうぞ!

f:id:kawabatamasami:20210209213438j:plain

表面はカリッと、中はしっとりジューシーに焼けております。

魚は余計な水分を抜いてあげることで、旨味が凝縮されてより美味しくなりますからねー

f:id:kawabatamasami:20210209213506j:plain

出汁醤油と塩を別盛りで用意して、実食!

箸をブリに入れると、ブリの肉汁ならぬ魚汁がジュワーっと溢れてきました。

f:id:kawabatamasami:20210209213442j:plain

身を箸ですくいあげると、フワッフワ。

それでいて表面のカリッとした部分が、ふわふわの身にくっついてきます。

旨い。

これは旨いわ、、

ピチットシートやっぱ良いです

お次は出汁醤油につけて、いただきます。

f:id:kawabatamasami:20210209213446j:plain

ふわっとした身に出汁醤油の酸味とすっぱさが相まって、これまた旨い。

ブリのカマはやっぱり、非常に美味しいです。

臭みもなく美味しくいただきました。

ほかにもわさび醤油、ポン酢、レモンやカボス汁がけ、柚子胡椒、お茶漬けなんかにしても美味しいでしょう。

ブリカマのピチットシート熟成おすすめです

やっぱりピチッとシートを使うと一夜干しのような仕上がりになって、魚の余計な水分がぬけて旨味が強くなります。

寒ブリのピチットシート熟成おすすめなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

シートに包んで1日寝かせるだけでできる簡単レシピなので、誰でも作れます!