おとうさんは工夫した

メインはファミリーキャンプ

【コールマン】家族で使えるバーベキューグリル!クールステージツーウェイグリルをレビュー

f:id:kawabatamasami:20180905212723j:plain

人気のコールマンのグリル、クールステージツーウェイグリルを使い始めてから2年ちょっとがたちました

そこでこの記事では

・使いやすさ

・高さ調整について

・手入れ、収納について

・良いところ、悪いところ

これらをわかりやすく徹底的にレビューしていきます

家族用のバーベキューグリルを検討されている方は、ぜひ参考にされてみてください。

 

クールステージツーウェイグリルのスペック

f:id:kawabatamasami:20180905201923j:plain

コールマンのクールステージツーウェイグリルとは、高さを3段階に調整することができます。

炭を入れる部分はスライド式で、ほかの焼き台とはちょっと作りが違っています。

焼面サイズ 30×45cm
テーブル上で使用時サイズ 51×35×16.5cm
高さ中段で使用時サイズ 51×35×43cm
高さマックス使用時サイズ 51×35×70cm
重量 4kg
価格 5918円

3段階の高さに調整することができるので

・足をはずしてテーブルに置く

・ミドルサイズで座りながらBBQ

・高さを高くして立ち飲みBBQ

こういった使い方ができるわけですね。

お値段を見てもらってもわかりますが、なかなかコスパもよくて安いんですよー

なのでアマゾンの売れ筋ランキングでもランクインしている人気のグリルなんです。

 

クールステージツーウェイグリルをレビュー

炭受けスライド式

f:id:kawabatamasami:20180905202137j:plain

一般的なアウトドア用のバーベキューグリルは炭を足すときに、いちいち焼き網をずらして炭を入れなければなりません。

あれ、地味に面倒ですよねー

コールマンのクールステージツーウェイグリルは写真のように炭入れ時にスライドすることができます。これワリと便利なんです。(BBQ時は熱くなるので手袋しましょう)

まずこのスライドできるといった特徴があります。

 

高さを3段階に調節できる

一番高くすると、成人男性の腰あたりの高さまで高くすることができます。

f:id:kawabatamasami:20180905202645j:plain

夏のバーベキューではこんな風にたったまま立ち飲みスタイルでバーベキューすると最高だったりしますよねー

高さ調節は、足をつけるか取り外すだけなので簡単です。

f:id:kawabatamasami:20180905195318j:plain

足を一本だけにするとミドルサイズに。

この状態だとアウトドアチェアに座ったまま、まったりとバーベキューを楽しめます。

足をすべて取り外すと卓上グリルに変身。

f:id:kawabatamasami:20180905202935j:plain

この状態にしたときのグリルの裏側は

f:id:kawabatamasami:20180905203015j:plain

ちゃんとこのように専用の足がついていますので、テーブルに直置きにはなりません。

f:id:kawabatamasami:20180905203050j:plain

※画像引用元:コールマン公式サイト

写真のようにテーブルの上にグリルを置いて、座るスタイルで家族でバーベキューできるのも嬉しいです

 

手入れ・洗い方

バーベキュー用のグリルの手入れなんてやらない。って人、意外と多いんですよ

なぜならバーベキュー用のグリルは作りが複雑なので、なかなか綺麗に洗えないんですよねー

f:id:kawabatamasami:20180905203556j:plain

このコールマンのクールステージツーウェイグリルは、写真のように

・本体

・炭受け

・焼き網

・足

すべて独立しているので、それぞれ取り外してガーッと洗うことができます。干すのもそれぞれ干せるので乾きやすいです。

 

収納・持ち運び

コールマンのクールステージツーウェイグリルは全て取り外すことができるので、本体にすべてのパーツを収納することができます。

f:id:kawabatamasami:20180905203825j:plain

↑最終的にこのサイズに収納することができるので、ポリ袋などに入れてサクッと収納できるんです。

収納がしやすいので、持ち運びもラクチン

キャンプ場の焼き台は洗ってなくて汚なかったりするので、キャンプにサクッと持っていけるのは嬉しいところです。

 

使用人数

f:id:kawabatamasami:20180905204525j:plain

コールマンが発表しているスペック的には4人用のグリルとなっていますが、ぶっちゃげこのくらいのサイズになると複数家族でのバーベキューでも問題なく使えます

我が家は5〜4人家族が4組あつまってのバーベキューでもこのグリルを使ってますが、普通に使えてますよ

 

クールステージツーウェイグリルの良いところ・悪いところ

良いところ

・高さ調整が3段階できる

・炭受けがスライド式で便利

・安い

・手入れができる

・収納できる

・持ち運びできる

コールマンのクールステージツーウェイグリルの良いところはこれまで説明してきたとおり、こんな感じです。

お値段のわりにはなかなか機能性あると思いませんか?

 

悪いところ

コールマンのクールステージツーウェイグリルの悪いところはズバリ

「専用の焼き網」

じゃないと、サイズが合わないことですね。

コールマンのクールステージツーウェイグリル専用の焼き網は、クッキンググリッドMという焼き網になります。

近所のホームセンターにある焼き網じゃ使えないのはちょっと痛いです。笑

まぁ専用の焼き網じゃなくてもバーベキューできなくはないんですけどねー

デメリットとは言ってますが、メーカー専用の焼き網はとても丈夫な作りをしています。

お値段は1000円くらいなので、予備の焼き網も一緒に買っておくと便利ですね

 

まとめ

一般的な鉄製のバーベキュー焼き台を使っていたころは使ってずっと庭に放置されてボロボロになる、、といった感じでした。

このコールマンのバーベキューグリルは収納もできますし、キャンプなどに持ち運ぶにも便利なので重宝しています。

やっぱり3段階に高さ調整ができるのは非常に使い勝手がいいので、グリルを検討されるときにはコールマンのクールステージツーウェイグリルのように、数段階で高さ調整できるものがオススメですね。

家族で使える&収納もできる便利なグリルを探しているかたは参考にされてみてください。