外に遊びにいってきます

アウトドアブログだぜ

レブロス2004を修理に出してみたので料金や修理までの流れをシェア

渓流釣りで使っていたダイワのレブロス2004ですが、釣行中にころんでしまった衝撃で壊れてしまいました。 メーカー修理に出したところ、1ヶ月ほどで完治してもどってきました。 せっかくなので修理までの流れと、料金についてまとめておきます。 故障の症状 …

エギング(イカ釣り)をはじめようと思います

僕は渓流釣りをメインに遊んでいるので、渓流が禁漁期間となる10月〜2月はとてもヒマになってしまいます。 そこで秋シーズンの遊びに、エギングをはじめようと思い道具をそろえてきました。 リールは持っているもので間に合わせるので、ロッドとエギなどもろ…

2020年ヤマメ終了〜2020年の振り返り

2020年のヤマメ釣りも終了です。 今年は3月のヤマメ釣り解禁とともに、毎週まいしゅう渓流に入って釣りをしました。 2020年の渓流ヤマメ釣りを振り返りたいと思います。 釣り車中泊用にバモス購入 日の出とともに釣りをするために、車中泊用としてバモスを購…

ピチットシートで作った鮎の一夜干しが美味しかったのでシェア

鮎を腹開きにしてピチットシートを使って一夜干しを作ってみたところ、パリパリ香ばしく美味しい干物ができあがったので紹介します。 作り方はかんたんで、鮎を開きにしたらピチットシートに包んで冷蔵庫で一晩ねかせるだけです。 ピチットシートとは魚をシ…

西米良村にてはじめての鮎の友釣り

西米良村にてはじめての鮎の友釣りに行ってきました。 釣果はごらんのとおり なかなか型の良い鮎を、10匹近く釣ることができました。 鮎の友釣り用の竿などはじめて使うのではじめは苦戦しましたが、慣れてくると竿や道具の扱いもだんだん分かってきました。…

真面目に鮎釣りをはじめてみようと思う

ずっと川ではヤマメのルアー釣り1本でやってきたのですが、真面目に鮎釣りをはじめてみようとおもいます。 というのも、自分にとっての渓流ヤマメ釣りは7月いっぱいと決めています。(蜂蜜とりをしていた経験から、スズメバチが怖いという理由で) 8月から川…

クッカー蒸し焼きスタッキングが完成したので紹介

自分で釣った魚を、家だけじゃなく外でも(アウトドアでも)蒸し焼き料理にして楽しみたいと思い、コンパクトに収納できる道具を探してました ここでいう道具は、ただ単純にメスティンなどのクッカーに食材を入れて、酒や水をかけてフタをして蒸し焼きするな…

食材保存用に真空パック機「フードシールドJP290」を買ってみた

食材用の真空パック機が欲しくてずっと探していたのですが、ついにアマゾンで良さげな真空パック機を見つけたのでゲットしました。 じゃんっ! ジェネテック合同会社からリリースされている簡易的な業務用の真空パック機で、「フードシールドJP290」というモ…

ヤマメをピチットシートで一夜干しするとすごく美味しいのでオススメ

ヤマメをピチットシートで一夜干しにすると、すごく美味しいです。 ピチットシートとは、シートの上に魚をのせて冷蔵庫で放置するだけで、美味しい干物にしてくれる魔法の脱水シート。 ピチット一夜干しシートで干物作り!使い方と仕上がりを徹底レビューす…

はげた芝生に芝植えしたので作業内容をまとめておく

柴犬を芝生ゾーンで生活させていたら、写真のように見事に荒れ果てた芝生コーナーになってしまいました。笑 この荒れ果てた芝生ゾーンを復活させるべく、はげてしまった芝生の箇所に芝植えをしましたので、作業した内容をまとめておきます。 スポンサーリン…

柴犬に芝生はまったくオススメではなかった話

我が家には柴犬がいます。 柴犬を家族にむかえいれ外飼いをはじめたときに、庭の一部のスペースを芝生一面にしました。 お庭を作ってくれる業者さんも、 「ワンちゃんには芝生が一番ですよ!」 とのことだったので15万円ほどかけて芝生にしたのです。 こんな…

ルアーで鮎釣りができる?実はワリと簡単に釣れるので仕掛けをこっそり伝授しよう

鮎。夏の風物詩、香魚。夏鮎。 ふつう鮎は友釣りといわれる方法で釣ります。 鮎の友釣りの道具はけっこうな値段するんですが、なんと安物のルアーと安物の釣竿であっけなく釣れることをご存知ですか? わりと簡単に釣れますので、この記事ではその方法を伝授…

アルパインデザインのミニテーブルとスノーピークのペンタシールドをゲットしたよ

今年からはじめたソロキャンプですが、ようやく道具もちょうどいい感じに落ち着いてきました。雨の日でもソロに行きたかったので、ソロ用のタープとコンパクトテーブルをゲットしたので紹介しますね。 左からスノーピークのペンタシールド(タープ)、アルパ…

テントやタープについた松ヤニの落とし方!さくっとできる落としかたを伝授

キャンプをしていると、松ヤニや樹液がテントやタープについてしまい、ベタついてしまうことがあります。 松ヤニをはじめとする樹液は、タープやテントの天敵です。 ひどい場合にはこのように、いたるところに べっとりと松ヤニや樹液がついてしまうことが。…