野外LDK

キャンプ・釣り用品のレビューブログ

キャンプ時に柴犬のリードを固定するには?ロゴスのスクリューペグをレビュー

f:id:kawabatamasami:20190219215251j:plain

キャンプ時に柴犬のリードを固定するには、スクリューペグが便利です。

冒頭の写真のペグですね。

そこでこの記事では、我が家がキャンプ時に柴犬のリード固定に使っているロゴスのスクリューペグについて

・使い方

・便利な点

・デメリット

この3つについて詳しくまとめていきます。

▽目次

 

ロゴスの犬用スクリューペグ

使い方

使い方は超簡単。ペグを打ち込むハンマーもいりません。

f:id:kawabatamasami:20190219215227j:plain

こんな感じで、ペグの先っぽがスクリューの形状になっています

f:id:kawabatamasami:20190219215229j:plain

先端を地面につきさして(力を入れながら)ネジを差し込む要領で回転させると、地面に入っていく仕組みですね。

f:id:kawabatamasami:20190219215251j:plain

写真くらいの深さまでペグが地面に突き刺さります。

スクリューになっているので、普通に引っ張っても抜けません。なので、犬がちょっとやそっと引っ張ったくらいじゃビクともしないので安心

f:id:kawabatamasami:20190219215232j:plain

このようにリードをつなぐ輪っかも、しっかり丈夫に作られているんですよ

f:id:kawabatamasami:20190219215223j:plain

とはいえこんな風にずっと放置したままにしとくのは心配だったので、定期的にペグが抜けそうになっていないかの確認はやるようにしています。

ちなみにキャンプ時に犬の固定用に使うリードは、紐・革製・縄製よりも、ワイヤーリードがオススメです。

f:id:kawabatamasami:20190219215248j:plain

ワイヤーリードは濡れてしまっても泥で汚れてしまっても、タオルで拭くだけでサクッと綺麗にできますからね

 

便利な点

スクリューペグは抜き差しが簡単なので、サクッと犬の位置を変えることができるので便利です。

日中はタープの下、夜はテントの前室といった具合でサクッと犬の場所替えができるのはいいですよね

 

こういった返しがついている犬用の固定ペグもあるんですが、突き刺すのは良くても抜くのが大変なんですよねー 

返しがついた犬用ペグはちょっとやそっとじゃ抜けないので、面倒だったりします。

その点スクリューペグは、キャンプ時に雨がふったりタープの影の位置がかわったりした時に、サクッと犬の位置を変えられるというメリットがありますね

 

デメリット

わりと収納に場所をとります。これはちょっとデメリットですね

f:id:kawabatamasami:20190219215227j:plain

スクリュー式なので形がいびつ。ストレートのペグのように何かの脇にスッと収納することができません。

ロゴスのスクリューペグは長さ41センチあるので長いんですよ。

ただこれよりも短いと犬が引っ張って抜けてしまうんじゃないかと心配なので、長い方が安心だよねというプラス思考に考えて使ってます。(笑)

 

ロゴスのスクリューペグまとめ

ちょっとだけ収納に気を使いますが、安定してリードを固定できます。何より値段も1000円しません!

キャンプ時に柴犬のリードを固定するなら、ロゴスのスクリューペグは使えるアイテムだと感じています。

キャンプをはじめ、アウトドア時に犬用のリード固定をする際には参考にしてもらえると嬉しいです^ ^