外に遊びにいってきます

アウトドアブログだぜ

食材保存用に真空パック機「フードシールドJP290」を買ってみた

この記事をシェアする

食材用の真空パック機が欲しくてずっと探していたのですが、ついにアマゾンで良さげな真空パック機を見つけたのでゲットしました。

じゃんっ!

f:id:kawabatamasami:20200713080023j:plain

ジェネテック合同会社からリリースされている簡易的な業務用の真空パック機で、「フードシールドJP290」というモデル。送料込み2万円でした。

特徴としては

  • 真空のパワーが強い
  • 汁物も真空できる
  • 業務用の真空袋が使える(コストが安い)
  • 使い方の動画がある(YouTube)

というようなメリットのある真空パック機です。

自分はアウトドアで食材を凍らせてもっていくことが多いですし、ソロでご飯を食べるのにも真空で小分けにされていると便利だろうということで真空機を買いました。

あとは魚釣りをするので、たくさん釣れた時の保存にも使おうかなと

それでは実際に、フードシールドJP290をレビューしていきます。

スポンサーリンク

 

フードシールドJP290の外観

フードシールドJP290は2種類あるのですが、僕が買ったタイプは上位版です。すべてフルオートで真空パックすることができるモデルになります。

見た目はすっきりとした四角形タイプですね。

f:id:kawabatamasami:20200713081642j:plain

サイドの黒いつまみボタンを押すと、本体が開きます。

f:id:kawabatamasami:20200713080013j:plain

フードシールドJP290の使い方

フードシールドJP290の使い方はとても簡単です。

f:id:kawabatamasami:20200713081642j:plain

まず、サイドにある開閉ボタンを押して本体を開きます。

f:id:kawabatamasami:20200713082406j:plain

開いたらボタンを押して操作するだけです。

f:id:kawabatamasami:20200713082414j:plain

フードシールドJP290の機能は

  • 脱気して真空パックする
  • 脱気せずにシールだけする

という2つの機能が使えます。

操作方法は、本体についているボタンを押すだけです。

f:id:kawabatamasami:20200713082418j:plain

真空袋に食材を入れて、フードシールドJP290にセットして真空ボタンを押すだけで真空パック、シールまでやってくれます。

f:id:kawabatamasami:20200713212709p:plain

実際に真空しているときの様子を動画にしていますので、良かったら合わせてごらんください。

 

f:id:kawabatamasami:20200713082433j:plain

ほかには真空する際の脱気時間の調節もできるようになっています。

脱気時間の調節もボタンを押すだけで誰でも簡単に操作をすることができるようになっています。

フードシールドJP290のメリット

それではフードシールドJP290のメリットについて語ってみましょう。

しっかり真空できる

もちろんですがフードシールドJP290で真空パックすると、しっかり真空してくれます。

f:id:kawabatamasami:20200713215407j:plain

魚だろうが干物だろうが、お肉だろうが、米だろうが、なんでも真空してくれるので非常に便利です。

ただ真空機能だけを見ると、家庭用の5千円くらいで売られている真空パック機でも十分真空してくれるみたいなので、しっかり真空してくれるという面でいうと当たり前の機能ではありますね

業務用の真空袋が使える

フードシールドJP290の一番のメリットがこれです。

フードシールドJP290は業務用の真空袋が使えるので、使えば使うほどコストが安くなります

通常の家庭用真空パック機というのは、専用のエンボス加工された真空袋しか使えない仕組みになっているのですが、家庭用の専用真空袋は業務用真空袋の3倍ほど値段が高いのです!

f:id:kawabatamasami:20200713215808j:plain

家庭用の真空機は本体価格が安いのですが(安いと言っても1万円前後する)、専用の真空袋が高いので使えばつかうほどお金もかかります。

フードシールドJP290は業務用の真空袋が使えるので、値段も1/3に抑えられるというメリットもあり、なおかついろんなサイズの真空袋が売られているので便利なのです。

f:id:kawabatamasami:20200713220051j:plain

また業務用の真空袋は1枚いちまいそれぞれ袋タイプになっているので、食材をさっと真空袋に入れて真空するだけという手間いらずなのもメリットです。

家庭用の真空袋は袋タイプではなくロールタイプになっているものが多く、ロールタイプは操作も面倒になるんですよねー

操作の動画が充実しているの

フードシールドJP290はYouTubeで専用の動画チャンネルが用意されています。

そのため、フードシールドJP290の使い方で迷うことがないというのも大きなメリットになります。

洗い方、手入れ方法、汁物の真空の仕方など、いろいろな操作方法が動画でまとめられているので便利です。

↓公式YouTube(フードシールドJP290)

www.youtube.com

食材を小分けできる

f:id:kawabatamasami:20200713215940j:plain

僕のようにアウトドアで個人用の食材を持っていくなどの趣味がある人にとって、小さな袋タイプの真空袋に食材を小分けできるのはとてもメリットです。

夏には写真のように真空して小分けした食材を冷凍して持っていけば、保冷剤がわりにもなりますし、食べたい食材を1食分ずつ小分けできるのはとても便利なのです

アウトドアをしない人でも真空パックして小分けして保存することで、冷凍庫がスッキリ綺麗になりますよ

フードシールドJP290のデメリット

フードシールドJP290はとても使いやすいのでデメリットは特にないですが、そもそも真空パック機は必要なのか?という疑問もありますね。笑

僕の場合は魚釣りでたくさん釣れた時(船だと100匹くらい釣れることもある)に、たくさん保存しておきたかったので真空機を購入しましたが、日常で保存するほどの食材が出ない人には必要ないです。

そもそもラップに包んで冷凍できますしね。

フードシールドJP290まとめ

念願の真空パック機フードシールドJP290を手に入れましたので、魚釣り、アウトドア、キャンプなどで大活躍してくれそうです。

ガンガン使って、役立てていきたいと思います!