うみやま

キャンプ・釣り用品のレビューブログ

スノーピクの焚き火台はバーベキューをしても大丈夫?炭でやるのか薪でやるのか

f:id:kawabatamasami:20170501155043j:plain

我が家が愛用している焚き火台は、Snowpeakの焚火台Sです。

詳しいレビュー記事は下記にまとめています。

スノーピークの焚火台は、焚き火にもバーベキューにも使えます

この記事ではスノーピーク焚火台でバーベキューをする時の使用感と、使ったあとのお手入れなどついてまとめたいとおもいます。

スポンサーリンク

 

 

焚き火台でBBQ!

スノーピークの焚火台でバーベキューをする時には、薪でも炭でもオッケーです。

個人的には薪で楽しむのが好きなので、一人キャンプのときには薪で焚き火からバーベキューまでやっちゃいます。

ファミリーだとバーベキューは炭を使いますね。

 

炭でバーベキューする時の使用感

f:id:kawabatamasami:20170501144617j:plain

スノーピークの焚火台で炭でBBQをすると、気になる点がひとつだけあります。

f:id:kawabatamasami:20170501144650j:plain

気になる点は、スノーピークの焚火台は薪で焚火をやる時には申し分のないのですが、焚火台に炭を入れて燃やしても、燃焼力があがりません

スノーピークの焚火台に炭を直接入れると、風の通りが悪くなるためですね。

燃焼力を良くしてストレスなく炭でBBQをするには、専用の器具である「炭床」を使います。

f:id:kawabatamasami:20190706203735j:plain

この炭床を使えば、炭の燃焼力もあがって良い感じでBBQできますよ

炭床についえは下記で詳しくまとめていますので、合わせてご覧になられてみてください。

 

スノーピークの焚火台でバーベキューした後のお手入れ

焚火台でバーベキューをしたあとがこちら。

f:id:kawabatamasami:20170501155617j:plain

f:id:kawabatamasami:20170501155623j:plain

炭はすべて灰になっていますが、焚火台の内側に黒くザラザラした感じでついているのがお肉の脂で、これがなかなか落ちません

個人的にはあまり気にならないのですが、脂汚れが気になるかたは焚火で燃やし尽くすか、金だわしなどで念入りにこすり落とすようにした方が良いですね。

焚火と併用していれば、脂汚れは勝手に燃えてくれますけどね 

たわしで洗っただけだと、このように

f:id:kawabatamasami:20170501155842j:plain

取れきれないススが残ります。

個人的にはこれはこれで良い色合いだと感じてますけどね。笑

味ってもんでしょう!

炭床以外にもスノーピークの焚火台には焚火台専用の焼き網ネットや、収納袋など、付属品が別売りされていて、全てそろえたものをコンプリートセットと呼びます。

コンプリートセットについて詳しく知りたいという方は、下記に詳しくレビュー記事をまとめていますので、合わせてどうぞ

 

最後に

スノーピークの焚火台は炭も問題なく使えますし、バーベキューだって問題なくできます。

より便利に使いこなすには、別売りのコンプリートセット(スターターセット)を揃えるのがオススメです。(値段はけっこうします。笑)

スポンサーリンク