おとうさんは工夫した

メインはファミリーキャンプ

スノーピークの焚火台Sスターターセットを使い倒した感想!

f:id:kawabatamasami:20190205173918j:plain

スノーピークの焚火台には単体のみだけでなくスターターセットとよばれるコンプリートセットがあります。

で、僕自身このコンプリートセットをかなり使い倒してみました。

感想としては「ひじょうに使いやすい」です。

そこでこの記事では、焚火台Sのスターターセットについて

・どう使いやすいのか

・スターターセットでできること

・難点

この3つについて詳しくまとめていきます。

▽目次

 

Snowpeakの焚火台Sスターターセット

スターターセットとは?

焚火台のスターターセットとは焚火台のオプション品を揃えたセットのことをいいます。

スターターセットには、焚火台本体のほかに

・ベースプレート

・炭床

・グリルネット

・収納ケース

この4つのオプション品があります。これら全てを揃えたものがコンプリートセット(スターターセット)です。

 

使いやすさ・できること

f:id:kawabatamasami:20190205173945j:plain

焚火台コンプリートセットを使うと、

・焼肉

・焚火

・炭おこし

・ダッチオーブンでの調理

・焚火(炭火)鍋

こういったことが非常に作業しやすくなります

まず焚火台ではこのように

f:id:kawabatamasami:20190205174040j:plain

本体だけでも焚火は十分にできるけれども、焼肉などのバーベキューにはあまり向いていません。

強引にやれなくもないんですが風の通りがわるいので、どうしても炭火の火力があがらないんですよね

そこで活躍するのがオプション品の炭床グリルネット

f:id:kawabatamasami:20190205174127j:plain

↑こちらが炭床

f:id:kawabatamasami:20190205174134j:plain

↑これがグリルネットです

f:id:kawabatamasami:20190205174141j:plain

この2つを使うことで空気の通りが良くなるので、すごく燃焼してくれます。BBQや焼肉がめちゃくちゃやりやすくなるんですね

www.kawabatamasami.com

www.kawabatamasami.com

炭床とグリルネットについては、この記事でそれぞれくわしくまとめています。くわしく知りたい方は参考にしてください。

www.kawabatamasami.com

↑焚火台本体のレビュー記事はこちら。くわしく知りたい方はぜひご覧になられてみてください。

で、この炭床とグリルネットを使うと、BBQだけじゃなくてダッチオーブンでの調理も完璧にやりやすくなります。

f:id:kawabatamasami:20190205174637j:plain

↑下で焚火をガンガンもやしてグリルネットで炭火をすぐにおこせたり、

f:id:kawabatamasami:20190205174745j:plain

f:id:kawabatamasami:20190205174737j:plain

とても安定するのでダッチオーブンでの調理もなんのその。

f:id:kawabatamasami:20190205174816j:plain

BBQをしながら鍋やスープも作りやすくなります。

これまでいろんな焚火台や焼き台を使ってきましたが、このスノーピークのスターターセットの使いやすさはかなりピカイチです。

いやいやスノピなんて値段高いだけじゃん。なんて意見も多いですが、使いやすいんだからしょうがない、ってくらい使いやすいのは確かですよ

f:id:kawabatamasami:20190205175112j:plain

で、こちらが焚火台スターターセットをすべて収納できるコンプリート収納ケースです。

これに焚火台本体をふくむ全てのオプション品を収納できるので、

f:id:kawabatamasami:20190205175238j:plain

持ち運びもすごく楽チンです。

www.kawabatamasami.com

コンプリート収納ケースについては、こちらの記事でまとめていますので良かったらどうぞ!

 

スターターセットの難点

使いやすさのいいスノーピーク焚火台スターターセットなんですが、やっぱり難点もあります。 

それは

・重い

・網目が広くて肉が落ちる

・値段が高い

この3つですねー

重いというデメリットは丈夫というメリットに言い換えることができますが、

f:id:kawabatamasami:20190205180547j:plain

↑ごらんのとおり網目が広いので

f:id:kawabatamasami:20190205180505j:plain

小さなお肉だと網目から落っこちてしまいます。まぁこのあたりもキャンパーさんならではの工夫でどうにかなりますが、値段が高いのは難点です。

全部をそろえると、、

焚火台S 8600円
ベースプレート 1800円
炭床 2400円
グリルネット 3200円
収納ケース 3800円

税込でトータル21,384円します!!

これを高いと思うか安いとおもうのかは人それぞれですが、僕としては難点になるのではないかなーと感じているところですね

 

スターターセットがオススメのキャンパー&オススメではないキャンパー

f:id:kawabatamasami:20190205180505j:plain

キャンプ場メインでキャンプをするキャンパーさんにとってはスノーピーク焚火台コンプリートセット(スターターセット)はオススメです。

このセットよりも使いやすいものを見つけるのはけっこう難しいですよ

じゃあオススメではないキャンパーさんはというと、

・バックパック

・野営タイプ

・お座敷スタイル

こういうキャンパーさん、いわゆるコンパクトで限られた装備のみでキャンプを楽しむ方にとってはオススメではなかったりします

こういうスタイルのキャンパーさんには、やはり軽量かつコンパクトになる焚火台がオススメですね

 

Snowpeakの焚火台Sスターターセットは一生物

f:id:kawabatamasami:20190205173945j:plain

どうしようか悩みになやんで買ってみたスノーピークの焚火台Sコンプリートセットですが、作りもかなり頑丈なので一生物として使えるレベルなんじゃないかなーと感じています。

庭先でサッとBBQするのも楽チンになりましたし、ダッチオーブンでの調理が非常にやりやすい。

最終的には持っておきたい道具のひとつになってくれました!

いろんな焚火台がありますが、スノーピークの焚火台スターターセット(コンプリートセット)を検討されている方の参考になれたら嬉しいです。