野外LDK

キャンプ・釣り用品のレビューブログ

GENTOS(ジェントス) SOL-013Cレビュー|530ルーメンで20時間持続するパワフルLEDランタン

f:id:kawabatamasami:20190922211119j:plain

GENTOS SOL-013CはHighモードで530ルーメンと、ひじょうに明るいLEDランタンです。

GENTOS SOL-013Cの最大の魅力はメインランタンとしてのスペックをもちながら、電池の持ちが良いというところ。

Highモードを連続で使ったときに20時間もバッテリーがもちますから、連泊でのアウトドアで重宝するLEDランタンに仕上がっています。

そこでこの記事では、GENTOS SOL-013Cについて、良いも悪いもすべて徹底的にレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

▽目次

 

GENTOS SOL-013Cの外観・スペック

GENTOS SOL-013Cのスペックは以下のとおり。

サイズ 直径9.8×高さ18.8cm
重量 830g
明るさ 530ルーメン(Highモード)
使用電池 単一電池×3本
充電池 使用可
点灯時間 20〜最大360時間
防水機能 なし
光色 白色、昼白色、暖色

サイズは500mlのペットボトルよりもひと回り大きいくらいのサイズで、重さは830g

光の色は3種類変えることができる作りになっています。

f:id:kawabatamasami:20190922211709j:plain

付属品は本体のほかに、ハンガーフックがひとつです。

f:id:kawabatamasami:20190922211742j:plain

ハンガーを引っ掛けられるところさえあれば、どこでも吊り下げて使うことができます。

f:id:kawabatamasami:20190922211809j:plain

↑ライトカバーは頑丈なプラスティックのような質感です。

本体の黒い部分はすべて衝撃吸収材のような、ゴム製のラバーのような素材でできています。

f:id:kawabatamasami:20190922211833j:plain

底の部分もこのゴムラバーのような素材になっているので、滑り止めになってくれますね。

f:id:kawabatamasami:20190922211813j:plain

GENTOSおなじみのビルトインフックも装着されているので、逆さ吊りすることも可能です。

全体的に見て、スポーティなアウトドア感のある雰囲気に仕上がっていますね

 

GENTOS SOL-013Cの使い方

GENTOS SOL-013Cは、単一電池を3本使います。 

電池の収納部分は本体底です。

f:id:kawabatamasami:20190924205848j:plain

明るいLEDランタンは、この単一電池を使うのがちょっとネックなところではありますよねー。。

単一電池って値段も高いので、このあたりはGENTOS SOL-013Cのデメリット的な部分ではあります。(仕方ないですけどね)

コストをおさえるためにも、エネループ(充電池)やスペーサーなどを利用したほうが良いでしょう。

 

つづいて点灯の仕方をみていきましょう。本体正面のON/OFFボタンを長押しでライト点灯になります。

f:id:kawabatamasami:20190922211921j:plain

↑はじめに点灯するのが白色モードです。

そこからスイッチを押すたびに、明るさのモードが切り替わる仕組みですね。

ちなみに白色モードの点灯時間は、強で使うと20時間、弱で330時間ほどになります。

f:id:kawabatamasami:20190922211925j:plain

↑昼白色モード。

昼白色モードの点灯時間は強で使うと38時間、弱だと360時間ほど。

f:id:kawabatamasami:20190922211927j:plain

↑スイッチ3回目で暖色モードになり、4回目でキャンドルモードに切り替わります。

暖色モードの点灯時間は強で使うと40時間、弱で350時間です。

キャンドルモードでは、ろうそくの火が灯っているような「ゆらぎ」を再現してくれます。

キャンドルモードの点灯時間は、約180時間ですね。

スイッチを長押しすることで、全てのモードで明るさの調節も可能です。

f:id:kawabatamasami:20190922212304j:plain

↑さらにGENTOS SOL-013Cには、残りのバッテリー残量を色で知らせてくれるバッテリーインジゲーターもついていて便利。

バッテリーがなくなってくると、赤く光って知らせてくれます。

f:id:kawabatamasami:20190922212342j:plain

↑ランタンを点灯させたら、吊り下げフックでぶら下げて使えます。

f:id:kawabatamasami:20190922212324j:plain

GENTOS SOL-013Cは、トップカバーの取り外しもできます。

トップカバーを外して点灯させることで、より明るく、より広い範囲を照らすことが可能です。

f:id:kawabatamasami:20190922212328j:plain

↑こんな感じでトップカバーを外して、ビルトインフックを使って逆さ吊りをすることで、より明るくなるんです 

 

GENTOS SOL-013Cの明るさ

GENTOS SOL-013Cは最大時の明るさが530ルーメンで、それぞれのモードの明るさは

白色:530ルーメン

昼白色:340ルーメン

暖色:250ルーメン

というスペック。

個人的にはGENTOS SOL-013Cの明るさであれば、ファミリーキャンプなど複数人でのキャンプ時のメインランタンとして十分だと感じています。

さらにサブランタンがあれば完璧ですね。

まぁこのあたりの考え方には個人差があるのでなんとも言えませんが、明るいのは間違いないです。

f:id:kawabatamasami:20190922212532j:plain

Highモード(白色530ルーメン)で使うと、室内の電球?ってくらい明るく感じます。

照らしてくれる範囲もわりと広いので、なかなかのスペックといえるでしょう。

f:id:kawabatamasami:20190922212535j:plain

暖色(250ルーメン)で使っても、ごらんのとおりすごく明るいです。

これだけ広範囲で明るく照らしてくれるので、夏場のちょっとしたバーベキューでも活躍してくれます。

ただしキャンプサイト全体を照らすのに十分なスペックなのかといわれると、さすがに無理がありますね。

f:id:kawabatamasami:20190922212538j:plain

ファミリーキャンプなど複数人でのキャンプ時にLEDランタンでサイト全体を照らすならば、基本的にLEDランタンを数個準備しておいたほうがいいです。

ソロキャンプであれば、このGENTOS SOL-013Cひとつで十分なんですけどね。

また、白色・昼白色だとキャンプの雰囲気はとうぜんあまりよくありません。笑

f:id:kawabatamasami:20190922222223j:plain

暖色のランタンを使ったほうが温かみのあるオレンジ色になり、キャンプサイトは雰囲気がでますからねー

暖色メインでLEDランタンを使う予定の方はこのGENTOS SOL-013Cよりも、同じジェントスの「EX-V777D」というLEDランタンの方がおすすめです。

「EX-V777D」は暖色のみのLEDランタンで、明るさもSOL-013Cの暖色とくらべて明るいLEDランタンになります

くわしく書いたレビュー記事もありますので、よかったらどうぞ!

災害時や緊急時には、暖色だけでなく白色も使えるランタンが安心ですけどね

 

GENTOS SOL-013Cレビューまとめ

GENTOS SOL-013Cは、白色から暖色までハイパワーの光量で使うことのできるLEDランタンに仕上がっています。

明るいLEDランタンはひとつもっておくと、アウトドアなどのレジャーでも災害などの緊急時にも役立つのは間違いないです。

そういった点から見てもGENTOS SOL-013Cは、なかなか使い勝手の良いパワフルなLEDランタンに仕上がっています。