野外LDK

キャンプ・釣り用品のレビューブログ

マグネット式で便利な小さいLEDランタンおすすめ3選

f:id:kawabatamasami:20190914225211j:plain

マグネット式でいろんなところに「ピタッ!」っとくっついてくれるLEDランタンは、ひじょうに便利なんですよね

キャンプではもちろん、釣り、車中泊、ちょっとしたトラブル時など、ほんとにいろんな場面で活躍してくれます。

そこでこの記事では、マグネット式で便利なおすすめのLEDランタンを3つ厳選して紹介します。

スポンサーリンク

 

 

▽目次

 

マグネット式LEDランタンおすすめ3選

ひとことでマグネット式といっても、いろんなLEDランタンがあります。

僕が実際にLEDランタンを使ってみて「便利だなー」と感じるポイントは4つ。

・充電池が使える、もしくは本体ごと充電できる

・マグネット(磁力)が弱くない

・軽くてコンパクト

・光の調節ができる

この4つのポイントを満たしてくれているLEDランタンを条件としました。

それでは厳選したマグネット式で便利なLEDランタンを3つご紹介したいと思います。

 

AUKEY LT-SCL01

f:id:kawabatamasami:20190914220803j:plain

AUKEY LT-SCL01のランタンは、マグネット式と吊り下げ式で使うことのできるLEDランタンです。

ボディは見てのとおり手のひらサイズほどしかありませんが、明るさは250ルーメンほどあるので、なかなか明るめのLEDランタンになっています。

f:id:kawabatamasami:20190914230716j:plain

マグネット式になっているのが本体の裏側。

f:id:kawabatamasami:20190914223936j:plain

そのまま本体ごとくっつけたい場所にペタッとつけることができます。

f:id:kawabatamasami:20190914225215j:plain

f:id:kawabatamasami:20190914225211j:plain

ご覧のとおり車にもピタリとくっついてくれます。

明るさの調節は3段階で調節可能になっていて、Highモード、Lowモードのほかに、点滅してくれるSOSモードがあります。

f:id:kawabatamasami:20190914224810j:plain

f:id:kawabatamasami:20190913082504g:plain

光の色は暖色のみ。温かみのあるオレンジが強い色合いです。

AUKEY LT-SCL01のもうひとつの魅力は、バッテリー内蔵されているので乾電池が必要ないことですね。

このように

f:id:kawabatamasami:20190914225159j:plain

付属のケーブルを使って充電して使えますし、出力もできるのでスマホなどを充電することもできます。

出力の電力はそれほど強くないので、スマホをMAX充電することは厳しいですが役に立つ機能ですよー

f:id:kawabatamasami:20190914225203j:plain

AUKEY LT-SCL01のくわしいレビュー記事は下記にまとめていますので、合わせてごらんください。

 

Snow Peak たねほおずき

f:id:kawabatamasami:20190723230252j:plain

スノーピークの「たねほおずき」ベルト式マグネットのLEDランタンです。上の写真を見てください。

丸い部分がマグネットになっていて、このように

f:id:kawabatamasami:20190922175605j:plain

f:id:kawabatamasami:20190922175610j:plain

丸い部分がピタッとくっついてくれる仕組みになっています。

ベルト式になっているので吊り下げて明かりを照らすこともできますし、ベルトを巻いて固定することもできます。

↓こんな感じですね。

f:id:kawabatamasami:20190922175613j:plain

固定したいポールなどに、ベルトを巻きつけてマグネットで固定します。

ビタッ!っとフィットしてくれるので、ゆるゆるで取れてしまうようなことはありません。

f:id:kawabatamasami:20190922175617j:plain

車の中でもこんな感じで利用することができるので、車中泊でも重宝しています。

バッテリーは単四乾電池がひつようになりますが、充電池が使えるのでコストもかからずお手軽なのも嬉しいですね。

f:id:kawabatamasami:20190723233849j:plain

僕はアマゾンベーシックの充電池を使っています。

明るさの調節は2段階と、風にゆらぐような光り方をするモードがあります。

ライト部分を押し続けることで光の強さを調整するしくみで、Highモードでも40時間もバッテリーが持続しますよー

f:id:kawabatamasami:20190723233141j:plain

明るさは60ルーメンというメーカー発表になっていますが、60ルーメンとは思えないほど明るいですし照らしてくれる範囲も広いのが特徴です。

f:id:kawabatamasami:20190723234610j:plain

f:id:kawabatamasami:20190723234915j:plain

スノーピークのたねほおずきのベルト式マグネットは非常に使いやすく、サブ的なLEDランタンとして色々な使い方ができるLEDランタンです。

一度使ってみると、その良さが分かりますよ!

下記の記事でくわしくレビューしていますので、合わせてごらんください。

 

BRISIE LEDランタン

f:id:kawabatamasami:20190919073238j:plain

BRISIEのLEDランタンは、はじめに紹介したAUKEY LT-SCL01と使い方はまったく同じ作りになっています。

明るさのルーメンはAUKEY LT-SCL01よりも若干低いので劣りますが、BRISIEのLEDランタンは生活防水レベルの防水仕様となっているのが特徴です。

ちょっとくらいの雨風であれば、安心して使えるスペックになっているわけですね

f:id:kawabatamasami:20190919080830j:plain

本体のヘッド部分には吊り下げ用のフック、ON/OFFスイッチ、マグネットが装備されています。

f:id:kawabatamasami:20190919121022j:plain

 

f:id:kawabatamasami:20190919121026j:plain

↑このようにマグネットがくっつく場所にペタッとくっつけて利用することができます。

もちろんバッテリー内蔵なので付属のケーブルで充電することが可能です

f:id:kawabatamasami:20190919081322j:plain

出力もできるので、スマホ充電も可。

f:id:kawabatamasami:20190919081325j:plain

BRISIEのLEDランタンの点灯モードは4種類。

Highモード時で196ルーメンとなっているので、サブランタンとしての明るさとしては十分なスペックといえるでしょう。

196ルーメンにしては明るく感じます。

f:id:kawabatamasami:20190919121941j:plain

BRISIEのLEDランタンの暖色は、あまりオレンジ色が強すぎない暖色になっているのも明るく感じる理由でしょう。

AUKEY LT-SCL01よりも明るさは劣りますが、防水機能がついているのが大きいですね。

サイズはひとまわりAUKEY LT-SCL01より大きいです。

下記にBRISIEのLEDランタンを詳しくレビューしていますので、もっと詳しく知りたい方はごらんください。

 

マグネット式LEDランタンおすすめ3選まとめ

マグネット式で使えて便利なコンパクトLEDランタンについて紹介しました。

今回紹介した商品はそれぞれ機能的にはそれほど大きな違いはないので、どれを選んでもらっても使いやすさには満足できるはずです。

僕はぜんぶ持っています。笑

やはり見た目の好みで選ぶのが愛着もわくので、お好みのLEDランタンをえらんでみてください。