野外LDK

キャンプ・釣り用品のレビューブログ

冬キャンプに電気毛布は暖かい?丸洗いできる電気毛布を紹介

f:id:kawabatamasami:20191209235031j:plain

冬キャンプの寒さ対策のひとつに、電気毛布を使って防寒する方法があります。

テント内でのんびり過ごしたいとき、就寝時、2ルームテントのリビングでカーペットがわりとして使うなど、電気毛布はかなり便利です。

そこでこの記事では、冬キャンプで使えて丸洗いできる電気毛布を紹介していきます。 

スポンサーリンク

 

▽目次

 

冬キャンプにおすすめの電気毛布

冬キャンプにおすすめの電気毛布といっても、すごいたくさんの種類があるので条件を設定しました。

冬キャンプでおすすめの電気毛布の条件として

・丸洗いできる

・ダニ退治の機能付き

・温度調整できる

・掛け敷き両方できる

この4つの条件をみたす電気毛布とします。

丸洗いできる電気毛布はキャンプから帰ったあとに手入れがラクですし、秋・春キャンプでも気温が低いときには電気毛布は役立ちますので、ダニ対策は必要。

温度調節ができて、掛け敷き両方できるモデルであれば使い勝手もバツグンです。

ではさっそく、条件をみたす電気毛布を紹介していきます!

 

山善 電気敷毛布 YMS-13

山善 電気敷毛布 YMS-13というモデルの電気毛布は、消費電力も低くて経済的だし、ブランケットのように手軽に使えるので人気の電気毛布です。

お値段も2000円台で買えるのも人気の理由ですね

丸洗いもできますし、ダニ退治、温度調節もついているコスパのすぐれた電気毛布です。

 

山善 ミックスフランネル素材 YMK-MF41

山善のミックスフランネル素材 YMK-MF41というモデルは見た目から分かるように、すごくふわふわした生地で気持ちが良いと評判の電気毛布です。

丸洗い、ダニ退治、温度調節はもちろん、ロングブランケットのように体全体をつつんでくれるタイプの電気毛布

 

Sugiyama 日本製 NA-023S

SugiyamaのNA-023Sというモデルの電気毛布は、信頼のメイドインジャパンとして大人気の電気毛布です。

室温センサーがついているので、気温がさがると自動で暖かくなってくれる作りになっていますが、冬キャンプは常に寒いのでずっと暖かいままです。笑

洗濯、ダニ退治、温度調節も問題なくできます

 

LIFEJOY 掛け敷き兼用 BK552

LIFEJOYのBK552というモデルの電気毛布もメイドインジャパンということで、人気の電気毛布となっています。

聞き慣れない名前のブランド名なのであまり知られていませんが、アマゾンなどの通信販売でも売れている商品です。

丸洗い、温度調節、ダニ退治機能もバッチリです。

 

コイズミ 掛敷毛布 KDS-4061

 

コイズミのKDS-4061の電気毛布はこれまでに紹介してきた電気毛布の中でも最安の電気毛布です。

そのため売れに売れているようで、アマゾンでのレビュー数もとんでもない数字になっています。

機能面はほかの電気毛布とそれほど変わりはありませんし、丸洗いもダニ退治も温度調節もできる作りの電気毛布です。

コスパ重視、とりあえずどんなものなのか試してみたいという人は、コイズミのKDS-4061でOKではないでしょうか

 

パナソニック 電気かけしき毛布 DB-RM3M-C

パナソニック 電気かけしき毛布 DB-RM3M-Cは、これまで紹介してきた電気毛布とは別格です。

丸洗い、ダニ退治はもちろん、温度調節のリモコンは光ので暗闇でも調節が可能。

さらに抗菌防臭加工がついているので匂わない作りになっています。

毛玉が出るのが難点ですが、ちゃんと処理をすればこれまで紹介した電気毛布よりも確実に長く使えるし、品質も安心のパナソニックですからねー

ちょっぴりお値段は高めですが、間違いないものを探している人にはパナソニックの電気毛布でOKでしょう

 

冬キャンプに電気毛布は暖かいのか?

おそらくあまり冬キャンプをしたことのない人が防寒対策として電気毛布をつかっても、あんまりたいして暖かくないな。と感じるかなーというのが本音ですね。

効果としては、冷たくはないけど十分に暖かいわけではないという感じです。

アウトドア系のブログでは

「おすすめの電気毛布!」

「電気毛布で冬キャンも快適!」

なんて書いてる人がたくさんいますが、いやいや嘘つけ。と、知ってる人は思ってるはずです。笑

ではどうして電気毛布が冬キャンプの防寒対策としておすすめと言われるのかというと、電気毛布は消費電力が低いので、電源サイトを使わなくても良いという点ですね。

上の写真のようなポータブル電源を持っていれば、電源サイトじゃなくても電気毛布を利用することができますからね

逆に言ってしまえば、冬キャンプはかならず電源サイトを利用するという人にとっては電気毛布はぶっちゃげ必要ないです。

上の記事でくわしく書きましたが、セラミックヒーターやホットカーペットの方がダントツに暖かくしてくれます。

なので電源サイトを利用するなら、冬キャンプの防寒対策はヒーターやカーペットを利用するのが一番効果ありますよ

 

電気毛布を丸洗いする方法

電気毛布を丸洗いする方法はなにもむずかしいことではなく、電気毛布を洗濯ネットに入れて、洗濯機で丸洗いすることができます。

洗ったあとは陰干しをして、完全に乾かすだけです。

ですが、ひとつだけ注意しなくてはいけないことがあります。

それは

ドラム式洗濯機では洗っちゃダメ! 

という点です。

f:id:kawabatamasami:20191209224436p:plain

なので自宅の洗濯機がドラム式洗濯機だと、電気毛布を丸洗いするならいちいち手洗い・もみ洗いをしないといけないので大変です。笑

我が家の洗濯機はドラム式洗濯機なので、冬キャンプの防寒対策に電気毛布をつかうのはやめにしました。

家族で冬キャンプするときには、かならず電源サイトを使って防寒するようにしていますし、電源サイトのないキャンプ場では、真冬の山でも耐えられるスペックのシュラフを使うようにしています。

上の記事でくわしく書きましたが、冬キャンプではスペックの高いシュラフを準備しておけば十分寒さをしのげますし、快適にねむることができますからね。

 

冬キャンプにおすすめの電気毛布まとめ

冬キャンプに使える電気毛布を紹介しましたが、あるのとないのとでは防寒効果がまったく変わってきますので、ないよりは持っておいたほうがいいです。

真冬は効果がうすくても、秋や春先では重宝できる防寒アイテムであることは間違いないですからねー

電気毛布をとりいれる予定のかたは、是非参考にされてみてください。