外に遊びにいってきます

アウトドアブログだぜ

宮崎県一ツ瀬川で渓流ヤマメのルアー釣り【西米良村から上米良での釣行】

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20200325215757j:plain

宮崎県の一ツ瀬川(西米良村から上米良)にてヤマメのルアー釣りに行ってみたところ、わりと良いサイズのヤマメがちらほら釣れました。

  • 入渓ポイント
  • 装備品
  • 釣れたヤマメ

などまとめておきます。

 

入渓ポイント:上米良(一ツ瀬川)

一ツ瀬川系河川の遊漁券料金

年券 4,000円
日券 1,000円

川幅もひろくて岩場も広々としているので、歩きやすく釣りやすい渓流です。

このあたりのポイントは、わりと釣り人さんが多いようで足跡がたくさんありました。笑

この日はほかにヤマメ釣りをしている人を見かけることはありませんでしたが、週末は釣り人さんが多くなりそうです。 

使ったタックル

  • ロッド:鱒レンジャー SP40
  • リール:レブロス2004

ヤマメの渓流ルアー釣りにおすすめのロッドの記事でも紹介している鱒レンジャー SP40に、ダイワのレブロス2004を装着しての釣行。

久しぶりにダイワのレブロスをヤマメのルアー釣りで使ってみましたが、やっぱり良いですね。

個人的に大好きなレブロス独特のドラグ音と、スムーズな回転が病みつきになりそうです。

ダイワレブロスのレビュー記事もありますので、良かったらどうぞ

ダイワのスピニングリール レブロス2004は渓流で使いやすいのか?徹底レビューする - 外に遊びにいってきます

ヤマメ釣果

f:id:kawabatamasami:20200325200405j:plain

川幅もあり水深もわりと深かったので、まずはスプーン(MIUの鮎カラー)をチョイス。

MIUのスプーンはすごくスムーズに飛距離が出るし、チョコチョコ動かしながら釣り上がっていくも、まったく反応なし。笑

f:id:kawabatamasami:20200325200825j:plain

一緒に同行した友人もスピナー・スプーンと使っていましたが、まったく反応なし。

ということで

f:id:kawabatamasami:20200325200914j:plain

ダイワのクルセイダーにチェンジしてみるも、これまたまったく反応なし。。

渓流解禁直後なのでたくさんの釣り人がルアー釣りをしているせいか、ヤマメが追ってきてもすぐに見切られてしまいます。

実際かなりスレたヤマメばかりでした。笑

こうなってくると数あるルアーの中でも、もっとも信頼できるルアーを使うしかないということで

f:id:kawabatamasami:20200325214450j:plain

個人的に一番釣れると感じている、スミスのD-コンパクト(3.5gで4.5cm)のヤマメカラーで攻めることに。(共食いをねらいます)

スミスのD-コンパクトは、どんなにスレたヤマメでもガッツリ喰わすことのできる、魔法のミノーですからね。

ルアーチェンジするとすぐに

f:id:kawabatamasami:20200325214928j:plain

22cmほどのヤマメがヒット!

そして、たてつづけに同じポイントから2匹目がチェイス!

からの

f:id:kawabatamasami:20200325215017j:plain

これまた良型のヤマメがヒットします。

やっぱりD-コンパクトの破壊力はすさまじいです。

渓流ヤマメ釣りにおすすめのルアーを厳選して紹介するの記事でも紹介していますが、D-コンパクトは本当に信頼できるミノーですので使ったことのない方は、ぜひとも使ってみてください。

f:id:kawabatamasami:20200325215757j:plain

↑こんな深みのポイントでも、D-コンパクトはしっかり沈んでヤマメにアピールしてくれます。

f:id:kawabatamasami:20200325215414j:plain

次々と良型のヤマメをゲットすることができました。

最終的な釣果は、キープサイズのヤマメが5匹ほどで終了というまずまずの釣行となり満足です。

まとめ

西米良村から上米良にかけての一ツ瀬川での釣行でしたが、ひじょうに素晴らしい渓流で癒されました。

ヤマメの数はそれほど多くはないのかなーといった印象ではありましたが、なかなか太ったサイズのヤマメが釣れましたので、おすすめです。

釣ったヤマメは、自宅で美味しく塩焼きにしていただきました!

ヤマメの塩焼き|家のグリルで美味しく焼くコツを紹介 - 外に遊びにいってきます

それではまた次回っ!