おとうさんは工夫した

在宅ワーカー3児のパパブログ

キャンプをはじめる時に必要なアイテムをスノーピークに電話で聞いてみた

f:id:kawabatamasami:20160914133551j:plain

家族旅の宿泊候補としてテント泊を考えていたんですが、これからの季節のことを考えると子供はきついんじゃないかとか、いや大丈夫だろとか、いろいろ考えた結果、プロに聞いてみることにしました。

 

ネットで情報を探してもイマイチみんな違うこと言ってるので、前にこれ読んですげえなと思っていたスノーピークさんに電話してみた。

さて、ぼくのように知識もなく、予算もパツパツな人が家族キャンプを始めるのにまずゲットするべきアイテムは一体なんでしょうか?

今日はスノーピークさんに聞いた、初心者がまずはじめに用意するキャンプ用品について書きます。

スポンサーリンク

 

家族キャンプを始めるのに最低限必要なアイテム

とりあえず必要最低限、これさえあればやれる!というレベルで、ぼくのような初心者が用意するべきアイテムを聞きました。

すんげえ丁寧に教えてくれてマジでシビれた。

で、最低限必要なアイテムはというと

  • テント
  • テント内に敷くマット
  • 寝具
  • ランタン

この4セットだとのこと。それぞれ聞いたことを詳しくまとめていきます。

 

テントは入門用テント、それに合ったマットセットが必要。冬場は厚めのマットをチョイスしよう

どのキャンプ用ブランドも同じだと思いますが、それぞれ商品にもレベルがあって初心者向けから上級者向けのものがあります。

ぼくみたいな素人は商品を見て説明を見ただけじゃチンプンカンプンです。

 

で、結果としては入門用のアメニティドームというテントで冬もキャンプできるみたいです。(スノーピーク商品)

 

スノーピークの経営本を読んだときから、キャンプ用品買うならここだなと思っていたのでウェブを覗いてみると、テントはやはりレベル分けされていました。

 

これがエントリーモデルといって入門的なテントです。ふつうはこれを買うんだろうけど、これから冬がくるのでこれでいいのか迷っていました。

f:id:kawabatamasami:20160914123521p:plain

(画像はスノーピークウェブサイトより引用)

他にはこんな感じのイカしてるテントたちもあります。

f:id:kawabatamasami:20160914123923p:plain

f:id:kawabatamasami:20160914123933p:plain

実際に電話対応してくれたスタッフの方もアメニティドームで冬キャンプしてるとのことでした。

f:id:kawabatamasami:20160914124206p:plain

これです。カッコイイ!

お値段もそんなに高くないので家族5人が入れるタイプを注文しました。到着したらブログでレポします。

そしてマットはそれ専用のものがありましたので、それも合わせてゲット。これから使いながら寒くなって厚手のほうが良さそうだったら切り替えようと思ってます。

 

初心者向けのものと、それ以外のテントはどう違うのか?

スノーピークでも「エントリー」「スタンダード」「プロ」といった感じで分かれているんですが、やはり防寒だったり素材の違いや広さなどいろんな面で差があるようです。

 

エントリーになくて、スタンダードとプロについているものがあって、

f:id:kawabatamasami:20160914125552p:plain

これが今回ぼくがチョイスしたアメニティドーム(エントリー)。

f:id:kawabatamasami:20160914125632p:plain

これがその上のランクのもの。これの

f:id:kawabatamasami:20160914125658p:plain

この部分にあたるのが「スカート」と呼ばれるものらしく、こいつがあるのと無いのとじゃ防寒にかなり差が出るんだそうです。(エントリーモデルにはついてない)

 

ただ、初めての家族キャンプであれば、リーズナブルなアメニティドーム(エントリーモデル)でいいと電話で教えてくれました。

冬場のテントを買う初心者のみなさんは要チェックです。

 

寝具もこれからの季節は防寒重視でチョイスしよう

f:id:kawabatamasami:20160914130952j:plain

寝具は寝袋タイプのものや、布団タイプのものがあるんですが、どれも対応可能な温度が書かれていますので、季節に合わせたものをチョイスしようとのことでした。

 

予算がパツパツだったので、ここはスポーツ店でコールマンのものをゲット。

f:id:kawabatamasami:20160914131012j:plain

f:id:kawabatamasami:20160914131019j:plain

布団タイプで適温が0℃のものを2つと(1つ6000円くらい)、子ども用の寝袋タイプで適温が5℃のもの(4000円くらい)をチョイスしました。

 

合わせて毛布や布団などを持っていくべき(使わなくても)だと教えてくれました。

 

らんたんは必須、持ち運びもできるものでLEDがオススメ

ガスを好んだり、LEDを好んだりとタイプが分かれるみたいなんですが、最低限これを!という希望でオススメするならLEDのほうがいいみたいです。

 

というのも、我が家の子どもは小さいのでLEDなら安全だし、テント室内でも使えるという理由からオススメしてもらいました。

 

どちらもあったほうが、雰囲気はとても良くなるみたいなのでガスも欲しいですが我慢します。www

ぼくはコールマンの取り外しができるタイプのランタンをチョイスしました。(約1万円)今チェックしたらアマゾンで買ったほうが安いやんけ。。

f:id:kawabatamasami:20160914131903j:plain

なかなかカッコイイ。これ、それぞれバラせるタイプで、

f:id:kawabatamasami:20160914131943j:plain

ナイス!バラせるライトが3つってのがキーポイントなのだ。(子ども3人なので喧嘩になります。www)

f:id:kawabatamasami:20160914132030j:plain

早くキャンプで使いたいです。

 

電話対応してくれたスノーピークのスタッフさんから教えてもらった大切なこと

やはり「防寒対策」を第一に考えるべきと教えてもらいました。

使わなくても大げさなくらいに防寒用の寝具や衣類は持っていくべきだそうです。ぼくのように初心者の方は気をつけて心がけてください。

 

最後に

これから家族でキャンプ行きまくりたいと思います。

いろんなキャンプ場をまわることができそうだったら、ブログにもオススメなどポストしていきたいと思っていますので、ぜひ見てやってください。

 

また、これから僕のように家族キャンプをはじめようと思っている方々はこのエントリーが参考になれたら嬉しいです。

ぼくの場合で、テント、寝具、ランタン、マットセットを用意して、予算は8万円くらいですね。。たくさん行って早くモトとります。

 

では今日はこのへんで!

バイバイキーン!

(スノーピーク商品画像はすべてスノーピークウェブサイトより引用させていただきました。

スポンサーリンク